☆卒塾生からの『推薦文』

~「真の学力」を高めること~   前高 → <東北大学・医学部(医) 合格>

 私が高校三年間と大学受験生活の中で強く感じたのが「真の学力を高めることの大切さ」です。大学受験に臨む時本当に頼りになるのは、それまでのテストの結果よりも、自分の真の学力とそれに裏打ちされた自信です。もちろんテストでいい成績を残すことは大切なことだと思いますが、そればかりに目を向けて小手先の技術にとらわれていると、真の学力は高まりません。

 真の学力とは自分の頭で理解し、創造し、解答する能力です。それは簡単には身につかず、努力の積み重ねを必要としますが、身につけば確固たる自分の能力となり、そして何より自信を持つことができます。

 私が勉強の基礎を学んだのが桐生進学教室です。桐生進学教室では問題の意味を理解できるよう指導してくださり、表面的ではないしっかりとした知識を身につけることができました。また生徒の発想を大切にし、それを伸ばすように指導してくださり、私も模範解答と違う解法や教えられていない定理を考えては先生に見ていただいたのを覚えています。生徒が勉強に飽きることがないよう様々な工夫もされており、楽しく通うことができました。今から思うと、こうしたことが自分の頭で理解し創造する習慣を身につけるために大変意味のあることであったと思います。

 高校、大学に向けた勉強の基礎が形作られる大切な時期に、桐生進学教室で勉強したことが私にとって大きなプラスになったことは間違いありません。  

 

~私の「人生の転機」~         前女 → <東京大学・文科Ⅰ類 合格>

私は、桐生進学教室には中学三年生の夏休みから高校に入学するまでしか通っていませんでした。しかしこの半年間は、まさに私の人生を大きく変えた半年間でした。

中三の夏、志望校合格のために〈とりあえず〉どこかの塾に入ろうと思っていた私は、母の勧めで桐生進学教室の『入塾相談』に行ってみました。他の塾と同様に気軽な気持ちで考えていました。ところがその面接でいきなり難しい問題を解かされ、さらに塾長から「将来どうしたいのか」などのたくさんの質問を浴びました。※1

この面接で精神的にダメージを受けた私はこの塾に対してあまり良い印象を持ちませんでしたが、他の塾とは決定的に違う「何か」があると感じて、入塾することにしました。そしてそのカンは当たっていました。授業では数学や英語などの勉強の他に、この塾の卒業生の話や当時は憧れしか抱いていなかった高校というものの実態などを教わり、これまでの幼い価値観が変ってゆきました。特に首都圏の中高一貫校の生徒はどんな人達なのかを教わったことで強い刺激を受け、そんな彼らに追いつくために懸命に努力しました。高校入学後も三年間ずっと努力し続けられたのは、こういう情報を手に入れていたからだと思います。※2

高校生になってからも塾を頻繁に訪ねては勉強方法や受験情報などのアドバイスをもらっていました。私の性格や特徴を見抜いている塾長からのアドバイスはとてもためになりました。

あの半年間、もし桐生進学教室に通っていなかったら私の東大合格は絶対にありえませんでしたし、高校の三年間も今も、きっとたいした目標も無く、なんとなく人生を送っていたと思います。この塾に通って本当に良かったです。


※1 この生徒の才能や実力・将来の可能性は面談開始後すぐに分かったので、すぐに「不足している課題・情報・心構え」についての具体的な話に移りました。
※2 前女では東大現役合格は三年ぶりで東大文Ⅰ(法学部)合格は十年ぶりだそうです。前高・前女といえども東大・医学部・早慶への合格は楽ではありません。

 

~さまざまな「布石」~        太高 → <一橋大学・経済学部 合格>

私はこの春に一橋大学経済学部に合格しました。ここは英数の配点が国社のそれと比べて約二倍でしかもかなりの難度であるため、それ相応の英語力と数学力が必要となります。その力を、私は桐生進学教室で培うことができました。

まずは英語力について。端的に言えば、この塾で私が身につけたのは「本物の英語力」です。日本語と英語を一対一対応で丸暗記させるようなヤワな指導を、この塾は決してしません。「I=私」では不十分なのです。だからと言って何か特別なテクニックを教えてくれるのかと言えばそうではありません。むしろ逆で、英語(英文や文法)の構造や仕組みなど、英語の長文を読みこなす上で最も重要なことを徹底的に叩き込んでくれます。この指導のお陰で一橋大学の英語の入試では「意味のわからない文章」に一文も出くわすことなく十分な解答を作ることができました。

次に数学力についてですが、この塾で学んだことの成果が顕著に現れたのは高校に入学してからでした。というのも、この塾の算数や数学の授業には高校進学後に大いに役立つ「布石」が幾つも打たれていたからです。実は中学生の頃、私は学校の定期試験の点数に一切結びつかないこの塾の独特な授業に疑問を抱いたことがありました。しかし周りの塾生たちに置いて行かれるのが悔しくて必死に努力しました。布石の存在とその絶大な効果を実感したのは高校進学後のことですが、その時の私は「諦めずに泥臭く努力することの大切さ」を学んでいたのです。

最後に生活習慣について。私はこの塾で生活習慣についての大きなヒントを頂きました。それは「スケジューリングの大切さ」です。国立大学受験はセンターや二次試験の科目が多いため、計画的に勉強しないととても試験には間に合いません。この塾では塾生に一定期間『行動記録表』というものを書かせます。私はそれを基にして高校進学後も計画的に勉強を進めることにしました。自分の行動を基にして立てた計画は実行もしやすく、また自然と予定が密になり、携帯電話を触る時間が減ることにも繋がりました。もしかしたらこれも桐生進学教室がおこなっていた「布石」だったのかもしれません。

桐生進学教室は、本物の勉強を正しい方法で長期的に行う術(すべ)を私に提供してくれました。皆さんもこの塾の魅力的な授業をぜひ体験してください。

 

~「考え方」の変化~      中央中等 → <秋田大学・医学部(医) 合格>

私はこの春に秋田大学医学部医学科に現役合格することができました。今回このような結果を出すことができたのは、中学の時に桐生進学教室で学んだことが大きく影響しています。

 中高一貫校に通っていたため高校入試が無く、当時中学二年生の私は「中だるみ」の時期を迎えていました。勉強に対するやる気もそれに伴った成績も下降していったのです。そんな時に以前から勧められていた桐生進学教室に電話をしてみました。入塾相談での塾長との話は私にはとても刺激的で、この先生なら何か自分の知らない考え方を教えてくれそうだと思い、すぐに入塾を決心しました。

入塾する前の私はただがむしゃらに勉強していただけでしたが、塾長の授業中の様々な話を聞くうちに「物事に対する考え方」が変わってゆきました。勉強というものは「本質を理解して自分のものにする」ことだと気づいたのです。その後は問題を解く時には何を求められているのかを冷静に判断して自分の引き出しからその問題を解くためのカギを取り出して解答するように、意識しながら学習することにしました。

すぐには結果が出ませんでしたが、中学三年生で高校の先取りの授業が始まった頃から徐々にその効果を実感し成績もどんどん伸ばしてゆきました。そして高校三年生の時には国立医学部が射程圏内に入るようになっていました。

ですが受験期というのはストレスを抱えがちな時期であり、大きな不安に苛まれた事もありました。すぐに塾に電話して塾長に助けを求めた際も、先生は私に優しいながらも厳しく的確なアドバイスをくれました。その後はもう一度自分が何をしたいのかを見つめ直し、強い意識で最後の追い込みの勉強に励むことができました。

桐生進学教室で得たことは間違いなく私の学力、そして思考力に対して良い影響を与えてくれました。今の勉強に少しでも違和感を抱いている生徒諸君は、ぜひ一度この塾の授業を体験してみてください。これまでとは違った、刺激的で新鮮な光景がそこには広がっているはずです


☆卒塾生の保護者からの『推薦文』

中学三年生の夏まで前高を第一志望校としていた息子が、春に慶應高校に合格できたのは、この塾の総合的な指力によるものでした。
もし塾に求めるものが中学・高校への受験テクニックと最新受験情報のみであるならば、この塾ではなく大手の他塾で事足りると思います。短期ではありましたが駿○中学部にも早稲○アカ○ミーにも通塾させた経験から言えることです。
しかし、この塾は生徒一人ひとりの学力向上だけではなく、個性と適性を見抜き可能性を引き出してくれます。
小学四年生で初めてこの塾の春期講習を受けて入塾を希望した息子は、勉強に向かうには時期尚早という理由で塾長から入塾を断られました。それは「前高に行かせたいなら、お子さんだったら中学からでも十分間に合いますから。幼さが抜けて落ち着いてから入塾してください。」ということでした。
たった数日間の講習会で息子を理解していたことと、少子化が進む昨今に入塾拒否をする塾経営者がいることに少々驚かされました。
その一年後、晴れて入塾した息子でしたが、授業中は進行を妨げる発言により塾長からは毎回のように注意を受け自習室でも不適切な行いにより一定期間の出入り禁止、そればかりか中学校においても不注意行動が散見され成績は中の上という有様でした。
年に数回ある塾長による保護者面談は毎回時間延長に及びましたが、塾長は常に「お子さんは非常に能力が高い。車で例えるならば、本気でアクセルを踏めばどの車よりも速く走ることができるがその分高い運転技術を要する。運転手はお母さんですよ。」と私を励まし、ときにご自身の育児経験や卒塾生への指導などの具体例を挙げながら“いま親として何をなすべきか”を指南してくださいました。今となって考えてみると、私が息子への教育モチベーションを維持できたのは、塾長の生徒への指導のみならず保護者の受験意識を高めるという狙いの通りだったのだと思います。
そして、中学三年生の夏休み明けに第一志望校を首都圏の高校へ変更したものの当時の駿台模試偏差値は三教科で53という記念受験の域でした。しかし塾長は「将来大学受験をする上でも良い経験になるから。」と快く賛同し、入試直前まで個別の指導をしてくださいました。
おかげで最後の駿台模試では理科と社会で全国成績優秀者名簿に名前を載せることができました。さらに、いよいよ受験となったときも、宿泊先のホテルから解けない問題を塾にファックスし電話で指導を受けるなどして、不安なく翌日の試験に臨むことができました。
いま息子は慶應大学経済学部に在学しています。いつかの保護者面談で塾長が話していた「お母さんは理系に進んでもらいたいようですが、この子は世界史に通じているのでおそらく文系に進みますよ。」という言葉通りになりました。子どもの進学先を偏差値や順位で選ぶ保護者が少なくなりつつある今だからこそ、この小規模で少人数の桐生進学教室を、私は強く薦めます。